acrolithのアウトドア・釣り日記

東海3県を中心に釣り歩き、アウトドアを楽しんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェットフライ事始め

青川ネットワークの発眼卵放流とかありましたが、ネット上で下手に書くと色々と問題がありそうなので割愛。

なお、最近老眼がひどくなってきたので、大きいフォントでお送りします。

最近、ルアー釣りが即物的過ぎるように感じられてきました。
ルアーをちょいちょいっとトゥイッチすると、ガツンと掛る、あとは性能の良いドラグに任せとけば4lbラインでも50cmクラスが簡単に取れちゃう。
最近のルアーは性能がいいのか、簡単に釣れますね。



非常に効率が良いのですが、こうなると釣った感動も薄れてきます。
色々と考えて、工夫して、艱難辛苦の末に魚を手に取って感動したい。

※上記の話を弟にしたら理解できないようで、可愛そうな子を見るような憐みの色を目に浮かべやがりました。
 奴は一日で、ローカルリバーで40cmUPを7本あげる鬼です。


そこで前々から考えていたウェットフライをやってみることにしました。

まずは、青川ネットワークの源さんに相談。
情報を集めてもらい教えてもらった中古ショップで6番9ftの、ほとんど使っていない程度良いのロッホモアをゲット。
その勢いでメンバーの山猿さんからライン付のリールを譲ってもらえるように手配までしてくれました…ありがとうございます。

その後、寺尾さんに、シルバーマーチブラウン等、タイイングを教えて頂きました。

源さん、山猿さん、寺尾さん、ありがとうございます。

じゃぁ早速、巻いてみよう。
ウィングが上手くいかない、一つ巻くのに失敗を繰り返して、かなり材料を無駄にしてしまった。

111114wet1.jpg

(ノ∀`) アチャー


巻いてもらったお手本と比べると…

111114tehon.jpg

話になりませんなぁ~w


気を取り直して、もう一本。

111114wet2.jpg

うーん、最初のとあまり変わらん。
ボディが短い、テイルが多すぎ、ウィングのボリュームがない&潰れちゃってる。
特にウィングが難しいな。
こりゃ当分楽しめそうだ。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/14(月) 22:50:18|
  2. フライ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<川のぬし釣り? | ホーム | ローカルリバー、撃沈>>

コメント

柳の撤去しませう

あの柳は撤去したいですね。
チェーンソーの手配次第?

撤去祭りにはO次郎と一緒に参加します。
  1. 2011/11/23(水) 20:26:44 |
  2. URL |
  3. acrolith #-
  4. [ 編集 ]

追加放流

声を潜めず言えます。何しろ情報源がしっかりしていますので。
放流は池の方ですけど、12月始めに入れるそうです。
川の方はあの柳をどけない限り、魚が可哀そうですので思案中です。
  1. 2011/11/22(火) 21:58:27 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

クワバラクワバラ

(声を潜めて)あのブログ、恐ろしいことになってますね~
怖くてコメントが書き込めません…or2
  1. 2011/11/22(火) 15:17:23 |
  2. URL |
  3. acrolith #-
  4. [ 編集 ]

釣れなくても・・・

Qさまを狙ってはいけません。
あれはローカルリバーの御神体です!ブログを食われるよ。
彼に背中を取られた某ブログ管理人さんは、OケOブログ管理人と言う十字架を背負った!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルこわいよ~。
  1. 2011/11/21(月) 20:15:42 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

昨日は…

源さん

納会、ありがとうございました。
食って飲んで語らって、、、
楽しかったです。

昨日ですが、風が強いのでフライをあきらめて、ルアーで。
ずんぐりと太い一匹を掛けたものの、ばらしてしまいました。
残念!
直後に同じ場所で弟のO次郎が50cmをGET!
色々とポイントを回って付き場が徐々に分かってきました。

風さえなければ…
フライに挑戦したかったです。
練習相手ならQ様でも…カモ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━ン

ステッカーデザイン作成したら、またメールで送りますね。
  1. 2011/11/21(月) 09:46:10 |
  2. URL |
  3. acrolith #-
  4. [ 編集 ]

ムフフ。

今回のコメントはもしや?
弟さんへの・・・・・?
フライにはまると深いよ~。この時期ホントに深いんだから。
流芯を流すと神の使い!Qちゃんの餌食だし。
  1. 2011/11/18(金) 20:56:26 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

悪戦苦闘中です。

源さん
色々と考えながら毛バリ流しています。
ネット上の情報は見ないようにしています。
その方が長く楽しめそうだから
ゲームの攻略本は封印です。

Hutt Riverさん
車のATとMTみたい。
あえて面倒な操作をして、技術の向上を楽しみたい?

ルアー、特にミノーは魚へのダメージが後ろめたいってのもあります。
リアフックが口にかかり、フロントフックが目にかかったりすると特に…
雑に大量に釣るより、一尾一尾を丁寧に釣りたいです。

巻いたフライを流してみて思ったこと。
ウェットフライって、フライの消耗が激しいですね~
すぐに針先が曲がってしまったり、知らない間になくなってたり?
  1. 2011/11/18(金) 00:34:54 |
  2. URL |
  3. acrolith #-
  4. [ 編集 ]

ルアーは?

あまりやった事がないので良く解らん!
同じ釣りなんだから、どちらも極めようとすれば奥は深いんだろうな~。
違いと言えばラインとリール位しか思い浮かばん。
あとは・・・タイイングか?
只の針金に(フックメーカーが起こるだろうな。)命を吹きこむにはどうすれば?まてよ、流し方も有るな。
フライを泳がせるにはどうすれば?魚と川に聞くしか無いのかぁ~。
と、言う事で。次回日曜に行く時は誘ってね。
  1. 2011/11/17(木) 22:27:24 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

昔、私もルアーをしていたことがありますから何となく分かります。acrolithさんも似たような思いを感じられて、この世界に一歩踏み出してくれたことをとても嬉しく思います。
ぜひ、フライフィッシングでローカル・リバーのビッグレインボーをかけてください。

ギヤ比1:1のシングルアクションのフライリール、直接手に触れるフライライン。ロッドの素材もバンブー、グラスファイバー、グラファイトと変遷したものの、それらの基本構成は100年以上前から変わっていません。
魚とのダイレクト感がハイテク満載のタックルとは比べものにならないでしょう。

元々、賢い鱒をそんな拙いタックルと擬似毛針で知恵比べをすること自体、既に鱒の方にアドバンテージがあるんですから、それを自分で巻いたフライで釣った時はまた喜びもひとしおかと…。

自分と異なるのは、フライのスタートが寺尾さんや源さんに教わっているところで、すごく恵まれていますね。
あっという間に素晴らしいフライフィッシャーマンになるでしょうね。

  1. 2011/11/16(水) 23:39:28 |
  2. URL |
  3. Hutt River #-
  4. [ 編集 ]

我流?

スタイルです。
何だかんだ言っても、骨格や筋肉は人それぞれ!これはキャスティングか?
タイイングやメソッドなど1匹掛けるまでは、試行錯誤の繰り返しだと思います。
ぶっちゃけ。皆我流からスタートして今に至っていると思いますよ。
廻りも認めるスマートな釣りが出来れば、教科書から外れていようが、お構いなし!
これが私のスタイルです。
  1. 2011/11/16(水) 20:13:58 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

放流会、ありがとうございました。

念願かなって参加できました。
去年、一昨年はタイミングが悪くて参加できませんでしたから、今年は絶対参加と心に決めていました。

ドライの点、線、面の釣りに比べ、ウェットフライは「深さ」の要素が増えるので、難しそうですね。

ウェットは人がやってるのを、あまり見る機会もなかったので、取りあえず我流でやってみます。
  1. 2011/11/15(火) 23:42:14 |
  2. URL |
  3. acrolith #-
  4. [ 編集 ]

放流会お疲れさまでした。

発眼卵放流も中々でしょ?
谷の流れを想像し、より安全なポイントに卵を寝かせます。
流れが有り、酸素が豊富で大水でも流されない場所!
実はこれ、魚の付き場なんですよね。 放流した谷の場所は公表しても大丈夫ですよ。
只、3ヶ月ほど後でおねがいします。今、興味本位で石をどけられ、紫外線を浴びると卵が死滅してしまう恐れがありますので。
さてさて、とうとうウェットに踏み込みましたね。
ドライフライに比べある意味自由度の増すウェットフライです。
何しろ浮いて無くて良いんですから!
勿論、浮いててもお構いなしです。水面から底石の廻りまで、その日の魚に問いかけながらの釣りですよ。
タイイングも自由です!浮か無くて良いんですから。
綺麗なフライで自由な釣りを楽しんで下さい。
  1. 2011/11/15(火) 20:20:52 |
  2. URL |
  3. 源さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acrolith.blog.fc2.com/tb.php/9-a3bd77d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

acrolith

Author:acrolith
愛知県西部在住。
女房と高校生の娘の冷たい視線を華麗にかわしつつ、Let's Go Fishing!
本当は女房、娘には「釣女・釣りガール」になってほしかった・・・

渓流は三重県の河川をホームとし、長良川水系・木曽川水系他いろいろと徘徊してます
ボート釣りは尾鷲・熊野方面がホームです

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フライ (12)
ルアー (3)
フライ・ルアー(二刀流) (5)
ボート釣り (2)
AN活動 (5)
未分類 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。